センク21スタッフ 趣味のブログ

Fishing

記事一覧へ戻る

オフショア釣行記 -マグロキャスティング編(2)-

さて、今年もカツオ・マグロの季節がやってまいりました!

 

6・7月のマグロ禁漁期間を終え、

 

真夏の灼熱地獄を乗り越えた9月。

 

ちらほらと、カツオの便りが届いており、

 

沖はこれからが熱くなるシーズン。

 

 

 

 

カツオが出るか?マグロが出るか?

 

 

 

壱岐と対馬の中間にある七里が曽根では連日、

 

漁師さんたちの熱い戦いと、その合間を縫って

 

我々アングラーが漁師さんたちの邪魔にならないよう

 

少しだけ気を使いながら共に戦っております。

 

 

 

 

船長から、「マグロ出てますよ~!」と、声がかかり、

 

早速いつもの武蔵丸にて出航です。

 

漁場に着くと鳥がちらほら~。

 

 

すると、遠くにスーパーナブラを発見!

 

既に、水面が真っ白。

 

あちこちでマグロが跳ねまくっています。

 

イッタダキ~!周りには他の遊漁船はいません。

 

独り占め。こんな状態はめったにありません。

 

全員で、キャ~スト~!!

 

 

 

ミヨシ(船首)の同乗者(Mさん)のドラグがジャー~~!

 

でかそうなマグロのようです。

 

しか~し、1時間強のファイトの末、

 

痛恨のリーダーブレイク。

 

切れてしまいました~。残念!

 

気を取り直して、またマグロを探して走り回ります。

 

 

鳥山は結構あるのですが、なかなかヒットしません。

 

他の遊漁船も探し回っていますので、同じ鳥山を発見すると

 

常に、7~8隻の遊漁船が集まってきます。

 

当然、漁師さん優先ですから、漁師さんも突っ込んできます。

 

これでは、魚がビビッて、すぐに沈んでしまいます。

 

なかなか、取れません。

 

そこで、船長の判断が試されます。

 

 

ここから離れよう!

 

 

鳥山がた~くさんあって、魚もた~くさんいる海域を離れて

 

 

別の群れを探しに、1船だけきびすを返して走り去ります。

 

この判断、吉か凶か!

 

 

今日の船長は持っていました!

 

 

走り回ること、数十分

 

突然、目の前にスーパーナブラ!

 

 

ジャグジー状態です。

 

 

当然、他の船はいません。

 

またもや、独り占め!

 

今度は、俺の番だ~!思いっきり、キャストして

 

 

ナブラのセンターに着水。

 

 

落ち着け~っ。

 

いち・・に・・さん・・し・・ご・・、

 

少し、沈めて、チョン、チョンと

トゥイッチを入れると

 

いきなりラインがビューン、

 

ドラグがギャーっとなって、

 

IMG_1233

 

 

 

格闘すること、約20分。

 

 

IMG_1236

 

本マグロ 141cm 43kg でした。

 

この後、トモ(船尾)にいた、同乗者にヒットするも

 

痛恨のフックアウト~。

 

 

今日はここまで。納干となりました。

 

これまでの一部始終を同乗者のIさんが動画編集して

 

YouTubeにアップしていただいたので、掲載させて頂きます。

 

 

 

 

 

 

家に帰って、氷詰めにして、8日間の熟成。

 

我が家で、マグロ寿司パーティー

 

IMG_1242

 

 

 

その2日後、10日間熟成のマグロは、

 

船長から、武蔵丸常連の皆様に声をかけていただき

 

マグロづくしパーティーを開催。

 

プロの料理人の腕で美味しく頂きました。

 

お店は博多漁港近くの

 

居酒屋、「Toc-Toc港店(トクトクみなとてん)」さんに持ち込み

 

無理を言って料理を作っていただきました。

 

IMG_1245

マグロお造り

 

IMG_1246

軍艦巻き

 

IMG_1247

串焼き 特性ラー油乗せ

 

IMG_1248

マグロ南蛮

 

IMG_1249

マグロカツ

 

とっても美味しく頂きました。

 

トクトク港店の店長さん、本当にありがとうございました。

 

今回も、海の恵みに感謝です。

 

資源を大切にして、いつまでも釣りができる環境を

 

守っていきたいと思います。

 

長い投稿を最後までご覧頂きありがとうございました。